「ほっ」と。キャンペーン
ひとの話しも聞いてみる
パウゼでは6月から11月上旬くらいまで、苺はお菓子に使用しません。
(美味しくないか、すっごく高いからという簡単な理由で)

e0053790_12504842.jpg

「オムレット」は苺を2個使っていたので
オムレットをしばらく休もうかとも考えたのですが
人気商品でもあり、、、
で、苺のかわりに何をのせようか、、、
苺のかわりの第一日目は
「パイナップルとチェリー」
なんか違うぞ〜〜、で、





「チェリーとバナナ」
なんか地味だぞ〜〜。
バナナ好きの私は「両方バナナにしてほしい」と。
けどそれは色的に地味すぎ。。。

チェリーとバナナのオムレットを家に持って帰り
子どもたちに食べさせてみたら
長女が即!
「このバナナはチョコレートがついた方がいい」
父:「チョココーティングしたら中のクリームも
    チョコクリームにかえた方がいいなあ」
娘:「それはやりすぎ、バナナだけにチョコを使う」
父:「ほな、バナナ全体にチョコかけようか」
娘:「あかん(ダメ)、バナナ半分見えなあかん」
父:「。。。。」

初めて娘がお父さんの作るケーキについて意見を述べた夜でした。

翌日のオムレットはチェリーとチョココーティングなしのバナナ。

その夜
娘:「チョコかけた?」
母:「お父さんは素直でないけん、今日はしてなかったけど
     そのうちするだろう」
娘:笑い。。。。

その翌朝
店に出勤すると
父「開店早々、ユリレット完売した」
母「ふ〜〜〜ん、ユリレット?」
父「チョココーティングがいいんかいな」
母:もしかして、やっぱり。。。。


母「おとう(父)、今日チョココーティングして
   朝一で完売して喜んどったわ、ユリレット」
娘「はっは〜〜ん」と鼻で笑う。
父帰宅
父「ほ、他に案はないか?」
私たち 無言。 こうもかわるのか。

それ以来うちの家族は
オムレットのことをユリレットと言うようになりました。

オワリ。

                *ユリレット=長女の名前をもじってます
[PR]
by pause-1991 | 2010-07-22 10:42 | フランス菓子
<< 夏のウエディングケーキ 7月20日メニュー >>