「ほっ」と。キャンペーン
パート・ド・フリュイ
e0053790_18295516.jpg

フランス菓子の仲間で少しずつ人気が出てきたものに
「コンフィテュール」ジャムがありますね。

それと同じジャンルで「パート・ド・フリュイ」という
お菓子があります。

《ヌガー》《ボンボン(チョコ)の中身》《マロングラッセ》などなどを
これらのジャンルを総称して“コンフィズリ”糖菓と言います。

ちょっとややこしくなってきましたか?

お砂糖をわりとたくさん使うお菓子と思ってください。
お砂糖を控えめにするとだいなしになるような感じです。

「パート・ド・フリュイ」
濃厚なそれぞれの果汁を煮詰めて固め、粗目糖をまぶしたもの。

フランス菓子店ならではの濃厚なフルーツ味が
魅力のコンフィズリ(糖菓)です。

パウゼでは11種類ご用意致しました。
それぞれ個性があって楽しいですし、見た目もかわいくて。
店頭のギフトでは人気急上昇中!!

フランボワーズ(木苺)/アナナ(パイナップル)/
パッション/ポンム(りんご)/カシス(すぐり)
/ペーシュ(桃)/ポワール(洋梨)/フレーズ(苺)
/ゆこう/アブリコ(杏)/マンダリン(オレンジ)

コンフィテュールの次に流行る、話題になるのはきっと
「パート・ド・フリュイ」だと思います。

日本的なスィーツ(甘さ控えめで柔らかい)好きと
フランス的スィーツ(味に主張があり食感も大切)好きと
派閥が分かれつつある今日この頃です。
[PR]
by pause-1991 | 2006-02-01 18:32 | フランス菓子
<< 懸垂幕 ちょっとへこんだ。 >>