べラヴェッカ、シュトーレン
e0053790_12432294.jpg

Birewecka
クリスマスツリー発祥の地フランスアルザス地方のクリスマス伝統菓子です。べラヴェッカBireweckaノエル(クリスマス)の都と呼ばれるフランスアルザス地方の代表的なクリスマス名菓。「べラヴェッカ」。中世のころから作られていたという古典的なお菓子。干した洋梨を入れるのが特徴で,イチジク、レーズン、プルーンなどのドライフルーツ、オレンジやレモンの皮、ナッツ類、シナモンやアニスなどのスパイスを加え、オードヴィで風味付けした贅沢な焼きお菓子。生地はつなぎ程度でドライフルーツをぎゅっと固めたような仕上がり。サイズは小さいがずっしりと重く、無骨な形状で色も地味、見た目はおしゃれではないが、これはキリスト誕生時の「おくるみ」をイメージしている。食べてみるとフルーツ,スパイス、リキュールの風味が折り重なって実に味わい深い。ワインなどお酒とも相性はバツグン。現地では「子どもにゃこの旨さはわからない」といわれるほど。伝統的にはクリスマスイブのお祈りの前に食されるらしいが,現在ではクリスマス時期に。「5mmくらいの薄切りにしていただくのが最適」とされている。少しずつもったいなげに食べるとこのお菓子の良さがわかるとも。
このお菓子はフルーツを厳選することが最重要でおどろくほどたくさんのフルーツを使います。「わっ、高い!」と思われがちなのですが、「きっとおいしいフルーツを使っているのね」と、お楽しみになさってください。

12月限定。 地方発送可。 約17cm175g ¥1420 ギフト用¥1570
[PR]
by pause-1991 | 2007-12-13 12:43 | フランス菓子
<< 冷え込んできました。 クリスマスのお菓子 >>